News Every

気になるニュースをお届け

ジャニーズ

香取慎吾が飯島三智と組んで絵画作品の逆輸入ビジネスに着手。ジャニーズ退所後の身の振り方が明らかに

投稿日:

香取くんですが、久光製薬の「フェイタス」やJAグループの「みやぎ米」のCMも含め、すでに全てのCMが「スポンサーの意向で」終了しました。

現時点では新規の仕事はゼロで、既存の仕事もいつまで続くかは不透明な状況です。

また、ジャニーズ事務所の4月の人事異動では、SMAPのチーフマネジャーも完全に廃止されたそうで、今後は5人揃っての仕事もなくなるとのこと。

スポンサーリンク

そんな状況の中、香取くんが飯島さんと組んで新規ビジネスを開始するとの噂についても、具体的な情報が明らかになりつつあります。

「香取は今のところ独立の意向を示していません。でも、彼は早晩ジャニーズを去るでしょう。報道では芸能界を引退し、アーティストに転向して得意の絵画で食べていくという説もありますが、必ずしも外れていない。というのも、彼にはラオックスの羅怡文社長夫人と中国で絵のビジネスを展開するというプランがあるからです。まず中国でビジネスをスタートさせて、香取の絵を日本に逆輸入して売るというアイディアもあるそうです。そのスキームには飯島さんも絡んでいるようですよ」(ジャニーズの内部事情に詳しい音楽関係者)

2011年、SMAPが北京でコンサートを開催した際に、中国との架け橋役となったのが羅社長。社長夫人は飯島氏との親交も深く、ラオックスの関係者が立ち上げていた新会社の代表取締役に飯島氏が昨年十二月に就任したのは本誌既報の通りだ。

<blockquote>「昨年七月二十日放送の『おじゃMAP!!』で香取は『俺は来月結婚します』と宣言していました。実際、プライベートでは、香取と草なぎ剛との間で互いに『結婚、どうしよっか』などと当たり前のように話しているのです。解散後、香取は新規のオファーを受けていない。彼は今年、公私にわたって重大な選択をするような気がしてならないのです」(メンバーの知人)
[週刊文春]</blockquote>

これまで人生の全てをSMAP、そしてジャニーズのために捧げてきた香取くん。

事務所から独立してアイドルを引退し、本当のことを隠す必要がなくなった時こそ、彼にとっての“本当の人生”がスタートするのかもしれません。

-ジャニーズ

Copyright© News Every , 2019 AllRights Reserved.