News Every

気になるニュースをお届け

ジャニーズ

“ボク運ダンス”で“恋ダンス”を超えられるのか!?亀梨和也&山下智久「ボク。運命の人です。」の視聴率にご注目!

投稿日:

日テレが「ボク、運命の人です。」のエンディングで、主要キャストによる“ボク運ダンス”を披露すると発表した。これはもちろん、昨年10月期に大ヒットした「逃げ恥」の“恋ダンス”を真似たものですが、果たして思惑通りに“二匹目のドジョウ”となるのでしょうか?

スポンサーリンク

[以下引用]
2005年放送の日テレ連ドラ『野ブタ。をプロデュース』では、ユニット「修二と彰」として主題歌「青春アミーゴ」をヒットさせた亀梨と山下。今回はユニット「亀と山P」として、エンディングで自身が歌う主題歌「背中越しのチャンス」を木村とともに踊るという。

「ポップなメロディーに、わかりやすく覚えやすい振り付け。視聴者にも踊ってほしいとの狙いがあるようです。ただ、どうしても“恋ダンス”を彷彿とさせるだけに、冷ややかな声は多いよう」(テレビ誌記者)

昨年12月まで放送されていた連ドラ『逃げるは恥だが役に立つ』のエンディングで披露された“恋ダンス”は、一大ブームに。放送中、“踊ってみた”動画をネットに投稿する一般人が絶えなかった。その印象が強いだけに、“ボク運ダンス”に対しネット上では「恥ずかしいパクリ」「二番煎じ」「ドラマの内容で勝負して」といった揶揄が飛び交っている。

「日テレは、前期で放送された連ドラ『スーパーサラリーマン左江内氏』のエンディングでも、主題歌の三代目 J Soul Brothersの『HAPPY?』に合わせ、堤真一や小泉今日子に“左江内ダンス”を踊らせていた。この時、制作サイドは『ダンスは1年前から構想にあり、『観賞用』として計画されたもの』と“パクリ疑惑”を弁明。しかし、エンディングダンスがこうも続いてしまっては、おサムい空気が漂うのは当然です」(同)

さらに、同作には“大コケ”を予感させる不安材料が…

「ヒロインの木村は、同ドラマのターゲットである若い女性からの好感度がダダ下がり中。その原因は木村のインスタグラムで、ナルシスト臭プンプンの写真が不評のようです。そもそも、同ドラマのヒロインは上野樹里で話が進んでいた。しかし、脚本を見た上野が『これには出たくない』とドタキャン。要は、内容の面白さ以前に、日テレの“ジャニーズ接待”丸出しの企画というわけです」(同)
[サイゾーウーマン]

ホントにダンスするんですね~

スポンサーリンク

“ボク運ダンス”ですか?

個人的には“ボクです”ダンスの方がゴロが良いような気もしますが、まあどっちでもいいか。

とにかく、ドラマの内容でパクるのはいただけませんが、それ以外のプロモーション的な部分でヒット作の手法を真似るのは構わないんじゃないかと。

それに、こっちはダンスが本職な亀と山Pなわけで、素人の?ガッキー&源さんコンビには負けないつもりで踊って欲しいです。

ちなみに、脚本を担当する金子茂樹さんは亀梨くんとは絡んだことがないですが、山Pとは2007年の「プロポーズ大作戦」や2013年の「SUMMER NUDE」で一緒に仕事をしているので、息もピッタリなのでは?

また、2014年の「きょうは会社休みます。」や2016年の「セカムズ」など、金子さんはラブコメディとは相性がいいみたいですし、なんかいい予感がします。

外野からはいろいろとケチも付けられてますけど、自分自身のためはもちろん、KAT-TUNのため、そしてジャニーズのためにもエース二人の活躍に期待してます!

-ジャニーズ

Copyright© News Every , 2019 AllRights Reserved.