News Every

気になるニュースをお届け

ジャニーズ

キスマイとHey!Say!JUMPの対決を煽って金儲けに奔走するジャニーズ事務所

投稿日:

「ジャニーズ大運動会2017」の裏にはキスマイとJUMPの対決を煽って人気アップを企む事務所の思惑も絡んでいるとか。

スポンサーリンク

[以下引用]
「今年11月にデビュー10周年を迎えるHey!Say!JUMP(以下JUMP)と、1か月後にライブツアーを控えるKis‐My‐Ft2(以下キスマイ)。この2つのグループの間で、ファンを巻き込んだ“対決”が勃発しているんです」(スポーツ紙記者)

'07年にCDデビューしたJUMPは“ポスト嵐”との呼び声も高く、近年急激に露出が増えている。それに比例するようにファンクラブ会員数も激増しているようだ。

「'15年に『嵐のワクワク学校』に出演すると、冠番組『いただきハイジャンプ』がスタート。同年末には単独でカウントダウンコンサートも開催しました。かつて嵐がそうだったように、J副社長が各メディアに猛プッシュしているとも言われています。月9『カインとアベル』に主演した山田涼介をはじめ、中島裕翔や伊野尾慧、知念侑李、有岡大貴らメンバー9人がそれぞれにドラマや映画、情報、バラエティー番組で活躍しています」(アイドル誌編集者)

一方で長い下積み時代を重ねて、'11年8月に念願のCDデビューを果たしたキスマイ。当初よりSMAPのI元マネージャーのもと、“弟分”として露出を増やしていった7人。いわゆる“I派”だった。

「国民的スター・SMAPとの“絡み”が多かったため認知されるのも早かったですね。玉森裕太、藤ヶ谷太輔、北山宏光に加えて、中居正広がプロデュースした4人組『舞(ぶ)祭組(さいく)』も“本家”に劣らない人気グループになりました。ドームツアーもJUMPよりひと足早く経験していますね。ただSMAP独立、解散騒動によるIさんの退社で今後の活動が心配されましたが、これ以上は人気グループを“切れなかった”みたいですね」(前出・アイドル誌編集者)
[週刊女性]

ということですが、JUMPはデビューから一貫してジュリーさんに押されていたわけではなくて、一時的に飯島さん管轄になっていたこともあるようです。

ただ、メンバーがジュリーさんに「マネジメントして下さい!」と直訴したことで、怒涛の押しが始まったと言われています。

近年では、JUMPとキスマイがジュリー派と飯島派の次世代エースみたいな立場だったことは、ジャニーズファンにとってはよく知られた話。

-ジャニーズ

Copyright© News Every , 2019 AllRights Reserved.