News Every

気になるニュースをお届け

ジャニーズ

木村拓哉 大ショック!飯島三智の右腕としてSMAPをずっと支えたマネージャーがジャニーズを退社

投稿日:

飯島さんの右腕としてSMAPをずっと支え続けてきた敏腕マネージャーのF氏が、5月末を以ってジャニーズ事務所を退社することが決まったといいます。F氏はメンバーからの信頼も厚く、特にキムタクは若い頃から“相棒”として親しく付き合ってきただけに、そのショックは大きいようです。

スポンサーリンク

[以下引用]
「『スマスマ』がスタートする以前から、Iさんの“右腕”として奔走してきたF氏が、このたび5月をもってジャニーズ事務所を退社するとのことです。Iさんの後任として総チーフマネージャーを任されていたはず……。事務所も昇進を条件に必死に引きとめたそうですが、“僕には畏れ多いので”と、退社の意思は固かった」

“やり手”として有名だったF氏の退社に、ある芸能プロ関係者も驚きを隠せない。

「事務所も説得できると思っていたでしょう。ただ、Iさんを尊敬する彼はこれ以上、ジャニーズに在籍することに疑問を持っていたのかもしれません」

そして、F氏も中居と同様に、I元マネージャーとチームを組んでの再スタートに関わる可能性も。

「6月に新事務所を立ち上げて“復帰”を計画するIさんと、5月末で退社するF氏。ただの偶然ではないでしょう。すべては6月。ジャニーズの根底を揺るがす大きな動きがあるのかもしれません」
[週刊女性PRIME]

ということですが、「僕には畏れ多いので」という言葉が響きます。

ホント、Fさんがどれだけ飯島さんを尊敬していたのかが伝わってきますが、必死に引き止めたにも関わらず「NO」と言われてメリジュリ母娘にとっては、屈辱的だったのでは?

もし、F氏が飯島さんと合流するようなことがあれば、母娘の憎しみの矛先が向かってしまうような気もしますが、大丈夫…?

ところで、このF氏の退社に最も大きな影響を受けているのがキムタク。

スポンサーリンク

主演映画「無限の住人」で絶対にコケることが許されない状況に追い込まれ、その宣伝活動に必死に取り組んでいる最中に起きた“事件”だけに、そのショックは計り知れないといいます。

[以下引用]
「20代のころからキムタクに長くついていたFさんは、“ウチのスーパーマネージャー”とイジられ、可愛がられていました。Iさん同様に信頼していたキムタクにとって、いわば、現場での“相棒”ともいえる存在です。メンバー以上に離れるのは堪えるはず」(テレビ局幹部)

独立騒動でI元マネージャーが退社に追い込まれた際には、“裏切り者”のレッテルを貼られて中居らとも疎遠になったとされる木村。加えてF氏も退社と、“SMAP”からの孤立が深まっているように見える。

「代償はあまりに大きかった。1月のTBSドラマ『A LIFE~愛しき人~』でも、共演者探しが難航したともいわれています。来年1月の月9主演内定もウワサされますが、このままでは“キムタクブランド”が終焉を迎えることにもなりかねない。それでもジャニーズに頼りきりのフジは“心中”を選ぶのでしょうか」(スポーツ紙記者)
[週刊女性PRIME]

SMAPメンバーの中で唯一“事務所残留”を選んだことで、将来は安泰だろうと言われているキムタク。

しかし、これまでの言動を見る限り、今後の自身の活動に大きな不安を抱いていることも伝わってきます。

それにしても、名物広報部長やファミクラ名物幹部に続き、飯島さんの右腕もサヨウナラですか…

まあ、事務所社長がジャニーさんからジュリーさんに変わることも関係しているのかもしれませんが、飯島さんが辞めた時期と前後して、ジャニーズの黄金時代を支えてきた有能な人材がいなくなるというのも、なんだか意味深というか。

ここ最近、ジャニーズによるメディア支配も弱まってきていると言われています。

昨年、身勝手な理由でKAT-TUNを脱退した田口淳之介くんが、退社後1年も経たないうちにメジャーレーベルから再デビューを果たしたことがその証拠。

さらに、事務所の影響力が及ばないネットの世界では完全にブラック認定されている状況で、果たしてかつてのような栄光を取り戻すことはできるのか…

6月に何が起きるのか、注目です!

-ジャニーズ

Copyright© News Every , 2019 AllRights Reserved.