News Every

気になるニュースをお届け

芸能

レプロに再び災難!AneCanモデルが薬物疑惑で逮捕!本人は容疑を完全否定も

投稿日:

4月11日、「CanCam」や「AneCan」などで活躍した現役の美人モデルが実業家の男と共に麻薬取締官に逮捕されたと週刊文春が報じています。

スポンサーリンク

[以下引用]
「押収された大麻は約70グラム。一回0.5グラムとすると140は吸引できる量で、一部はジョイントと呼ばれる紙巻きの状態でキッチンに無造作に置かれていた」(捜査関係者)

4月11日朝、関東信越厚生局麻薬取締部は川崎市で建設業などを営む鈴木大五郎容疑者(43)と30代の女性Aを大麻取締法違反(所持)容疑で逮捕した。Aは、蛯原友里や山田優らと同時期にファッション誌「CanCam」などで活躍。昨年休刊した「AneCan」では創刊時から専属モデルを務め、ファーストフードのCMに出演したこともあった。
[週刊文春]

鈴木容疑者の部屋からは大麻のみならずLSDも押収されており、今後は大麻だけでなく麻薬取締法違反容疑でも捜査が進められるとのこと。

気になるのがAさんも薬物に関与していたのかということですが、Aさんは逮捕時から一貫して容疑を否認し続けているそうです。

鈴木容疑者は甘いマスクで女性に人気があり、実業家と言っても二代目のボンボンで本業そっちのけで毎晩のように西麻布や六本木に繰り出していたいわゆる“パリピ”だとありました。

43歳で妻子もいるそうで、それでパリピとか…

Aさんともクラブで知り合い、昨年冬頃から芝浦のベイエリアにある鈴木さんの別宅で“半同棲”していたということですが、不思議なことに知人は皆男女の関係を否定しているとのこと。

スポンサーリンク

しかし、一緒に住んで軽井沢や山中湖のみならず海外まで旅行するまでの親密な関係であったことは事実のようです。

ちなみにAさんのヒントは

・30代の女性
・蛯原友里や山田優らと同時期にファッション誌「CanCam」などで活躍
・昨年休刊した「AneCan」では創刊時から専属モデル
・ファーストフードのCMに出演したこともある

これに加えてレプロエンタテインメント所属ということです。

[以下引用]
Aの所属していた事務所は女優やモデルを多数抱える大手「レプロ」。昨年、女優の能年玲奈(現・のん)の独立問題が表面化し、今年2月には清水富美加が幸福の科学に出家するなどトラブルが続いている。

レプロ関係者に聞くと、「昨年10月に契約が終了しております」。4月19日の時点で、公式HPに掲載されていたAのプロフィールは取材直後、ページごと削除された。
[週刊文春]

すべての条件を満たすのは、澤野ひとみさんです。

現在31歳でケンタッキーのCMにも出ていました。

インスタを見ると、たしかに山中湖、軽井沢、海外のイベントに行っていた様子がわかりますし、今はレプロの公式HPからプロフィールが削除されている上に、公式ブログも削除されています。

レプロの公式HP、初めて見ましたが、未だに能年玲奈さんと清水富美加さんのプロフィールがあるんですね。

能年さんのページからはファンクラブのサイトへ誘導されていますし、清水さんはファンクラブに加えて既にレギュラーでないはずの『にじいろジーン』や『オトナヘノベル』、そして主演映画の宣伝があります。

洗脳や宗教であれだけトラブルになったとはいえ二人は正式には「辞めていない」ということなのでしょうか。

Aさんは11日の逮捕以来所持も使用も一貫して否定しているということなので、薬物はあくまで疑惑です。

ただ、妻子ある43歳の“パリピ”男性の家に同居するなんて、30代女性としてはあまりに考えのない行動だったと思います。

そんな怪しげな男性と一緒にいれば薬物疑惑にも巻き込まれるということを、しっかり肝に銘じなければいけませんね。

-芸能

Copyright© News Every , 2019 AllRights Reserved.