News Every

気になるニュースをお届け

ジャニーズ

葵つかさが松本潤を連想させる過激発言を連発

投稿日:

松本潤さんの二股相手だった葵つかささんが現場復帰し、出演するバラエティー番組『マスカットナイト・フィーバー!!!』で過激発言を連発し、完全地雷化しています。

スポンサーリンク

葵つかささんは週刊文春の直撃を受け、最初は無視しようとしたものの、質問を重ねるように意を決したように答え始めたとのこと。

その中で、松本潤さんから心配するメールが来るが連絡しないようにしていること、「別れたということですか?」という質問に、「……まあ、そうですね」と破局を宣言し、松本さんは関係者に「最悪です」と話していることが報じられました。

その週刊文春が発売されたと同じ26日に出演した番組で、松本さんを連想するような発言をしています。

[以下引用]
「この日の対決企画で、マスカッツメンバーは番組MCのおぎやはぎ・小木博明が食いつくような過激コメントを次々と発していました。その中で葵は、1回戦から『夜中でも電話1本で駆けつけるよ』と小木を誘惑し、メンバーの黒沢美怜は『なんかよくわかんないですけど、こっちまで冷や汗かきましたね』と、感想を述べたんです。その後も葵は『私、すーっごく都合のいい女なの。だから、するだけしたらすぐ帰ってあげるね』『コートの下、裸で来ちゃった。もうね、あそこがね、“ジュンジュン”いってる』といった放送ギリギリトークを展開。最終的には『次は小木さんがいいな。気をつけるから』とも言い、自虐的な発言により対決企画の優勝を果たしました」(同)

松本との記事については触れていないものの、「次は小木さん」との言葉に、MCのオアシズ・大久保佳代子は「ヒー! どういう意味でしょう?」とリアクション。これには番組のファンも「葵つかさ、開き直りすぎ」「松潤ネタガンガン出すね。松潤、見る目なかったな」と驚き、この内容を知った一部の嵐ファンは「悪ふざけがひどい」「匂わせを通り越して地雷化した」「葵つかさの売名、わかりやすすぎて笑える。自分で言ったらバレバレ」「おぎやはぎも、もう嵐の番組来ないで」などと、憤慨している。
[サイゾーウーマン]

そうは言っても、葵さんのことは週刊文春が昨年末に記事にするまでは噂にもならなかったわけですから、交際していた間は葵さんも松本さんを好きで、周囲に気付かれないよう大事にしていたということなのでしょう。

スポンサーリンク

それが別れた途端にこうなるのは、それだけ松本さんがいい付き合いをしてこなかったということなのではないでしょうか。

今回ネタにしていた、夜中に電話一本で呼び出されていたとか雑談すらしないですることだけしていた都合のいい女だったというのは昨年末に週刊文春が記事にしていた内容です。

気持ちがある間は許せていたり気にならなかったことが、今は怒りに変わって爆発しているのかもしれません。

結局、松本さんは葵さんの気持ちを利用して便利に使っていたわけですから。

葵さんにとって今がウリドキなのも確かで、これまで4年間の不毛な関係を武器に一時でも盛り上がろうとしたとしても葵さんだけ責められないと思うのですが。

葵さんは週刊文春の記者にジャニーズから何か言われたかと聞かれ否定していました。

事実がないのに勝手にこんなことを言ってたならジャニーズから注意が入りそうですし、今後もやりすぎたらどうなるかわかりませんが。

-ジャニーズ

Copyright© News Every , 2019 AllRights Reserved.