News Every

気になるニュースをお届け

ジャニーズ

「無限の住人」史上最悪の大コケで木村拓哉が芸能界から消えていく

投稿日:

キムタク主演「無限の住人」が史上最悪の大コケ危機に瀕していいます。4月29日のゴールデンウィーク初っ端に満を持して公開されたものの、ツイッターなどではかなり厳しい報告が相次いでいて、明日発表される興行収入と観客動員の数字は絶望的と見られています。

スポンサーリンク

[以下引用]
「我々メディアは、SMAPから離れソロ役者として木村がどういった路線を目指すのか注視していましたが、選んだのが三池崇史監督のハチャメチャぶった斬りムービー『無限の住人』でした。予告編でも特殊メイクが残念、役者が全員大根など、すでに酷評が聞こえていますが、この作品を選んだということは、今後もキムタクのキャラ押しのエンターテイメント作品に出続けるという意思表示に思えます。ですから、第一弾の今作は何としても大ヒットさせて“キムタク健在”を示したいところ。ところが、27日の木曜日に始まった座席予約を見るかぎり、公開初日の29日ですら全国70館で生中継される舞台挨拶の回だけしか客席は埋まっていません。ほかの回はキムタクのネームバリューと照らし合わせれば、ガラガラといってもいい惨状です」(映画誌ライター)

映画関係者の間では、今年のGWは「美女と野獣」の1位は確定、「名探偵コナン」「ワイルド・スピード」がし烈な2位争いを繰り広げるという声が大勢を占めていた。「無限の住人」はその3強から離された位置で、同じくコミック原作の実写化、菅田将暉主演「帝一の國」との4位争いがせいぜいだろうと期待値は急降下したという。

「それでもGWに公開するメリットは『美女と野獣』などのメガヒット作が完売だった場合に、あふれた難民の受け皿となって、そのおこぼれにあずかれるから。ですから、最終的には興行収入もそこそこの数字は見込めるはずですが‥‥天下のキムタクが4位争いではコケたと思われてもしょうがないでしょうね」(前同)
[アサジョ]

まだGWは始まったばかりですが、映画館に足を運んだ方はいますでしょうか?

私が見た限り、やはり「アナ雪以上のロケットスタート」と評判の「美女と野獣」目当てのお客さんが圧倒的で、子供連れは「名探偵コナン」に並んでいる方が多く見られました。

で、肝心の「無限の住人」ですが、ほぼ満員だったものの、上記2作品と比べると勢いを感じなかったのは否めません。

もちろん、東京や大阪といった大都市と地方では状況が違いますし、キムタクの舞台挨拶の有無、時間帯などによっても大きく変わってくるでしょうから、一概には言えません。

参考までに渋谷と銀座の座席予約状況を見ると、「美女と野獣」は?(満席)ばかり、「名探偵コナン」は△(残り少)と?がほとんど、「ワイルド・スピード」は○(座席あり)と△がほぼ同数、そして「無限の住人」は◎(座席に余裕あり)がほとんどでした。(28日深夜時点)

ただ、公開前の怒涛のPRで覚悟ができていたせいか、予想してたほどグロくも気持ち悪くもなかったです。

それどころか、見方によっては「綺麗」と思える画もたくさんあって、この辺りは制作陣の方々の頑張りが実を結んだんじゃないかなあと。

スポンサーリンク

残念だったのは、主人公が「死なない」という設定なので、闘いのシーンにあまり緊張感がなかったことですが、これは原作通りですから仕方ないですよね。。

また、いろんなものを詰め込みすぎて登場人物の描き方が「浅い」とも感じましたが、これも原作ありの映画にはありがちなこと。

いずれにせよ、キムタク映画というよりも“三池映画”の色が濃く反映された作品でした。

とまあ、いろいろと勝手に語らせてもらいましたが、最終的に興行収入はどうなるんでしょうか?

キムタク陣営は前代未聞となる怒涛のPR活動を展開し、3月30日の京都を皮切りに広島、熊本、新潟、札幌、名古屋を含め、計10都市の映画館を訪問するなど、その総移動距離は7300キロを超えたといいます。

PR費だけでも数億円以上掛かっている上、キムタク自身のギャラはもちろん0円。

タダ働きでここまで気合いを入れてキャンペーンを行ったのはキムタク史上初のことですし、やはり初週2日間で5億円くらいはいって欲しいところですが…

[以下引用]
配給会社が内々にPR会社などを使ってリサーチをかけた結果、驚くべき数字が出てきたという。

「興行収入が10億円に達しないというんです。これは大コケも大コケ。SMAPを解散し、人気が低迷する木村にとって非常にマズイと言わざるを得ません」(芸能プロ関係者)

ちなみに、今作品で木村が手にする出演料だが…。

「推定1200万円~と言われています。この金額が高いのか安いのかは分かりません。でも、今になってジャニーズ内では、もっと丁寧に脚本や企画を吟味した方がよかったという話になっている。もし、独立騒動でキーマンとなる元チーフマネージャーのI女史がタッチしていたら、こんなことにはなっていなかったとも言われています」(前同)
[週刊実話]

昨年のGWに公開され、“史上最大の大コケ映画”と呼ばれた「テラフォーマーズ」は、邦画としてはかなり多めの15億円の予算で制作されたこともあって、その赤字額は途方もない金額になったと言われています。

そのため、当初は計画されていた続編が白紙となり、原作者も精神的に大きなダメージを受けた…のかどうかは分かりませんが、現在は連載休止となっています。

果たして、「無限の住人」はキムタクに引導を渡してしまうのか、明日の発表に注目です。

-ジャニーズ

Copyright© News Every , 2019 AllRights Reserved.