News Every

気になるニュースをお届け

ジャニーズ

木村拓哉「無限の住人」週末観客動員数6位発進 やっぱり大コケ!

投稿日:

木村拓哉さんがSMAPを解散してから初主演した映画「無限の住人」が4月29日に公開開始となり、初週の週末観客動員数は6位であることがわかりました。

スポンサーリンク

4月29,30日の週末興行ランキングはこちら。

*1位(1):美女と野獣(2週目)
*2位(2):名探偵コナン から紅の恋歌(3週目)
*3位(-):ワイルド・スピード(1週目)
*4位(-):帝一の國(1週目)
*5位(3):映画クレヨンしんちゃん(3週目)
*6位(-):無限の住人(1週目)
*7位(5):SING(7週目)
*8位(4):3月のライオン[後編](2週目)
*9位(6):モアナと伝説の海(8週目)
10位(-):映画かみさまみならいヒミツのここたま(1週目)

※( )内は前回順位。
[興行通信社週末観客動員数TOP10]

「美女と野獣」のように好調だと昨日の時点で「4月30日までに動員248万118名、興行収入36億5,473万6,300円を記録し、2週連続動員ランキングナンバーワンを獲得したことがわかった」(RBB TODAY)と記事になっており、そういう記事が出ない時点でコケたんだろうなとは思っていましたが…

1位「美女と野獣」、2位「名探偵コナン」、3位「ワイルド・スピード」まではかたいと言われており、「帝一の國」と4位争いをするのではないかと言われていましたが、現実には「クレヨンしんちゃん」にも負けて6位となりました。

公開前日の座席予約状況を見ても、渋谷や銀座の映画館でさえ空席多しの二重丸ばかりで、厳しいんだろうなとは思っていましたがその通りでしたね。

問題なのは興行収入です。

6位だとしても制作費を考慮した上での元が取れていればいいわけですが、こちらも事前の見立てだと厳しそう。

あまりにひどいと公表もされないケースがありますが、そのケースに該当したりして。

前作「SPACE BATTLESHIP ヤマト」は制作費20億、興行収入41億で「大コケ」と言われていました。

その時は木村さんのファンのみならず、SMAPのファン、キムタクの映画だから観てみようかなというライトなファンなどがいての結果だったと思います。

今回は、SMAP解散騒動や妻・工藤静香さんの振る舞いで好きでも嫌いでもなかった人もアンチに転じた可能性もあります。

「無限の住人」がJ-STORMという嵐のための会社にPRされていることで、木村さんだけメリー喜多川さんに気に入られているという現実を突きつけられ拒絶感を持ったSMAPファンもいたでしょう。

木村さんは工藤さんに「家族のために残って」という言葉に従ったといいますが、もしかすると当初の計画通り5人揃って独立していた方がイメージダウンもなくいい結果が残せたかもしれませんね。

あれだけいろんな番組に出演しPRに勤しんだのに、その結果がこれではいたたまれません。

-ジャニーズ

Copyright© News Every , 2019 AllRights Reserved.