News Every

気になるニュースをお届け

ジャニーズ

大野智が大人の事情で苦悩中…早くも興行収入1億円を確保した映画「忍びの国」が大ヒットも大コケもできない理由

投稿日:

大野智くんが“大人の事情”の板挟みにあってお悩み中だといいます。7月1日には主演映画「忍びの国」が公開される予定ですが、「大ヒットも大コケも許されない」という不思議な状況に陥っているとか…

スポンサーリンク

5月15日、映画「忍びの国」の主題歌が嵐の「つなぐ」になることが明らかになりました。

同時に特報映像も公開され、大野くんが宙を舞うアクロバットシーンが解禁されるなど、ファンにとっては期待が高まるばかり。

しかし、この映画が「時代劇アクション映画」ということもあり、どうしても「無限の住人」で大コケしてしまったキムタクのことを思い浮かべてしまいます。

[以下引用]
「4月15日に発売された特製クリアファイル付きの特別前売券は全8万枚が一瞬で完売。1枚1400円ですから早くも1億円を超える興行収入が確保できた形です。その大野が11年に主演した『怪物くん』は31億円の興行収入を記録。今回もそれに迫る数字を期待されています」(映画ライター)

一方で公開日の7月1日には大人気ハリウッド映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」の最新作や、子供から大人気の「それいけ!アンパンマン」の劇場版も公開。強力なライバルに客を奪われる可能性も否定できない。その状況で主演の大野には強烈なプレッシャーがかかっているというのだ。

「木村拓哉主演の『無限の住人』が大惨敗しており、興行収入が10億円にも届きそうにない有様。これで大野の映画が大ヒットしようものなら先輩・木村の顔に泥を塗ることになりかねません。かといって『忍びの国』まで同様の爆死に終わったら、今度は『ジャニーズの映画はもうダメ』と評価されます。つまり、大野は大ヒットも爆死もできないという微妙な状況に置かれているのです」(芸能ライター)
[デイリーニュースオンライン]

スポンサーリンク

まあ、かなり話が盛られていると思いますけど、「無限の住人」と「忍びの国」が「時代劇+チャンバラアクション」という意味で同種類というのは事実。

そのため、昨年から「どっちが勝つ?」と興行収入争いに注目が集まっていましたし、高いレベルでの勝負ならいざしらず、キムタクが興収10億未満の大コケが確定となってしまった現在としては、なんだか微妙な感じというか…

ところで、嵐メンバー主演の映画で興収とキムタクのことなど気にせず、大野くんにはぜひ“歴代嵐主演映画ナンバーワン”と“YAMATO超え”を達成して欲しいところ。

期待しています!

-ジャニーズ

Copyright© News Every , 2019 AllRights Reserved.