News Every

気になるニュースをお届け

ジャニーズ

田中聖が生贄に?大麻所持での逮捕報道は手越祐也・金塊強盗犯スキャンダルの火消しか

投稿日:

今朝から田中聖くんが逮捕されたニュースがテレビやネットを駆け巡っていますが、このショッキングなニュースに対してネットでは「田中聖が手越祐也の生贄にされた!」とする見方が急速に広まりつつあります。

※違法薬物の噂はジャニーズ時代からありました。

スポンサーリンク

警視庁によると5月24日の午後6時過ぎ、東京・渋谷区道玄坂の路上に不審なワゴン車が停車しているのを発見し、乗っていた聖くんに職務質問したところ、車内から大麻を発見し現行犯逮捕したとのこと。

大麻は助手席と運転席の間の床下に隠されていたとのことですが、本人は「自分のものではない」と容疑を否認しています。

このニュースにはとても驚いたのですが、瞬間的に「刺されたな、聖くん…」と思ってしまいました。

案の定、同じように感じた人はたくさんいたようで、「田中が手越の火消しに使われた!」とネットでは大騒ぎに。

しかし、その証拠が出てくることはないでしょう。

自分の庭先で火事が起きてしまったら、別の場所でもっと大きな火事を起こして世間の目を逸らすというのは、芸能界に君臨する権力者にとっては当たり前、かつ、簡単なこと。

手越くんはプライベートLINEの流出に続き、福岡で起きた7億6千万円相当の金塊強奪事件の犯人と親密交際している写真まで広まり、芸能生命の危機に立たされています。

そんなタイミングですから、ジャニーズが形振り構わず“放火”したというのは、決して陰謀論のような信憑性の低い話ではないような気がします。

聖くんについては、ジャニーズ時代から違法薬物の噂はありましたが、事務所がそういった噂を握り潰してきたのであれば、聖くんの弱みはたくさん握ってるでしょう。

それに、そもそも聖くんはメリーさんの逆鱗に触れて解雇されてるので、スケープゴートにするのに何の躊躇もなかったと思われます。

また、テレビなどで“元KAT-TUN”というのを妙に連呼しているのも気になるところ。

現在、聖くんはロックバンド・INKTの中心メンバーとして活動していますし、すでにジャニーズを辞めて4年近く経つのに「KAT-TUN」を強調するのは、ちょっと違和感があります。

ジャニーズ事務所のマスコミに対する影響力を考えれば、「KAT-TUNという名前は出すな!」と報道規制させることくらいできるはず。

それなのにテレビでは遠慮なく“元KAT-TUN”という肩書きをバンバン使って注目を集めてるわけですから、ジャニーズ側から何かしらの指示があったと疑われても仕方ないような。

手越くんの一件があった翌日という、まさに「これ以上ないでしょ!」というタイミングで逮捕情報が流れたことと合わせ、何やらキナ臭いものを感じます。

スポンサーリンク

そういえば、手越くんのプライベートLINE流出騒動では、事務所によってコネチケが1人40枚までに制限されたことについて、次のようにコメントしてました。

「本当に申し訳ないのですが、事務所が今回のツアーから1人40枚とわけのわからないルールを作ってしまい、みんなに観てもらえないことになってしまいました」
「手越祐也を応援しようと思ってくれて楽しみにしていてくれた皆様、今回は本当に申し訳ありませんでした」
「事務所のマネージャーにもせっかく楽しみにしていてくれた気持ちを裏切ってんだから謝罪の電話してくれと頼んであります」

40枚の配分が少なすぎるって、いったい今まで何百枚もらってたの?と腹立ちますが、チケットが配れなかったからと言って一人一人に謝罪の電話までしますかね、普通。

だって、相手は仲の良い友人たちですよ?

LINEで「ゴメン!次こそ必ず!!」って謝るだけで良いのでは?

しかも、自分じゃなくマネージャーに電話させるって、なにかスゴく違和感を感じてしまいます。

スポンサーリンク

ネットでは「実は、コワイ人たちにチケット横流しの約束をしてて、それが守れなくなってビビってたんじゃない?」なんて憶測もありましたが、まさかね…

まあ、これらが真実かただの妄想か、明らかになることはないでしょう。

ただ、もし本当に“火消し”だったとするならば、逆に手越くんの件はマジでヤバイということになるような。

手越くんと“親密交際”していたと言われる小松崎太郎容疑者は、元関東連合の半グレだったとの噂もあります。

また、フェイスブックから流出した写真に写っていた人物は、指定暴力団の関係者だったという疑惑も持ち上がっています。

小松崎容疑者を始めとする金塊強盗犯グループに限らず、あの写真に知られたくないヤバイ事実が隠されていたとするなら、いまだにジャニーズ側から何のコメントも出てこないのも納得というか。

暴力団関係者との付き合いがあったとして芸能界を引退した島田紳助さんの例を見ても分かる通り、最近のテレビ業界はとてもコンプライアンスが厳しくなっています。

手越くんが紳助さんと“同類”なら、番組降板はもちろん、NEWS脱退やジャニーズ解雇という厳しい処置を受ける可能性は高いでしょう。

現在、ネットでは聖くんの逮捕情報によって、手越くんの件が一段と注目を集めています。

一方、テレビを始めとした既存メディアでは、手越くんのことは完全スルーし、聖くんのことだけを大々的に取り上げていくでしょう。

ジャニーズによる火消しが本当かどうかは分かりませんが、果たして手越くんは無事に逃げ切れるのか、その結末に注目したいと思います。

-ジャニーズ

Copyright© News Every , 2019 AllRights Reserved.