News Every

気になるニュースをお届け

芸能

矢口真里と梅田賢三の不倫現場の一部始終 土下座の証拠写真まで!服も着ず矢口真里とクローゼットに逃げ込む

投稿日:

収まる気配が一向に見えない矢口真里さんの不倫騒動。今度は週刊文春と女性セブンが、中村昌也さんと梅田賢三さんが鉢合わせ、修羅場となった自宅での生々しい様子を報じています。

さらに、コトが発覚した時や現在の矢口さんのあまりに自己中心的な様子が明らかになりました。

スポンサーリンク

<以下引用>
「事件が起きたのは、今年2月23日の朝。矢口は前日の飲み会から一緒だったモデルの梅田賢三を家に連れ込んでいました。しかも彼女は朝に夫が帰ってくることを知っていたんです。なのに、前日の深酒が祟ったのか、はたまた相当盛り上がったのか、二人は裸のままベッドで寝てしまっていたそうです」(事情を舞台関係者)

そこへ予定通り何も知らない中村が帰宅。持っていた鍵で玄関のドアを開ける…が、なぜか中からチェーンがかかっていた。

「ガチャガチャという音で矢口は目を覚まし、夫の帰宅を察するとパニックになったようです。『うわっ』『やばい、やばい』とあたふたしながらも、どうすることもできず丸裸同然の格好のままチェーンを開けてしまったとか」(同前)

中に入った中村が見たものは、ショッキングな光景だった。

「寝室はどう見ても、男女がコトを終えた後としか思えない様子だった。そりゃそうでしょ、さっきまで二人は裸で寝てたんですから。怒りに震える中村に対し、すでに釈明できる状況にない矢口はただ呆然としていたそうです」(同前)
<週刊文春>

ということで、なんとも壮絶な修羅場だったようです。

その現場について、中村さんは友人に「あの時の光景は未だに信じられない。信じたくない」と漏らしていたそうです。

お互いブログでみせつけてきたそれまでのラブラブぶりにもしも多少脚色があったとしても、家に男がいたなんて、今後の中村さんに大きな傷になるのでは。

矢口さんは自宅不倫の常習犯と言われていましたが、週刊文春には中村さんは地方から帰るたびにベッドのカバーが新品になっていたことを、矢口さんは普段家事をしないのにおかしいと感じていたとありました。

寝過ごしたのはお酒のせいかもしれませんが、そもそも自宅不倫に慣れすぎていたからこそ飲み過ぎ、寝過ごしたのかもしれません。

スポンサーリンク

さて、そんな思いをさせた梅田さんと矢口さんはというと…

<以下引用>
「咄嗟に裸のままクローゼットに隠れたんだって」

そう言うのは梅田の知人。

「すぐに見つかっちゃった梅ちゃんは、その場で土下座させられて、証拠の写メも撮られた。でも、事件のすぐあとはこんな大事になるとは思ってなかったみたいで、周囲に『バレた。写真も撮られちゃった』って、半ば自慢げに話してた」

事の重大さを感知してなかったのは間男だけではない。

「やぐっちゃんは親しい友人には相談していたけど、『やばーい』ってノリで『旦那には口止めしたからバレることはないと思う』とタカをくくっていました」(矢口の知人)
<週刊文春>

クローゼットに逃げ込むなんて漫画の世界だけかと思っていたので、ちょっと笑ってしまいましたが、本人にとってみれば逃げるのに必死で考える余裕なんてなかったんでしょう、おそらく。

いくら中村さんに口止めしても、そんなヤバイ状況を他人にペラペラ喋っていたんではそりゃバレます。

一ヶ月後には矢口さんの事務所に伝わってしまいますが、その対応がまた酷いものでした。

<以下引用>
「問い詰めると、矢口は不倫を認めつつ『夫からDVを受けていて耐えられなかったから』と釈明したそうです」(テレビ局関係者)

しかし、中村と矢口の共通の友人はこう話す。

「DVなんて絶対にない。だってあそこは立場も収入も奥さんの方が上だったから。それに二人は去年まではラブラブだった。それが昨冬、矢口が元カレとメールしてるのが見つかってギクシャクし始めたんです」
<週刊文春>

「口止めしていたから大丈夫♪」などと余裕をかましたり、「夫からDVを受けていた」などと平気で嘘をつくあたり、なんか悪質というか、浮気慣れしてるような…

スポンサーリンク

東スポはその元カレを川久保拓司さんだと断定していましたが、その元カレは不倫がバレた時のことを考え誘いには乗らなかったということでした。

現在、離婚への話し合いは最終段階に入っているそうですが、そこでも矢口さんは自己中心です。

<以下引用>
「矢口は色んな人に相談していますがもっぱら『どうすればタレントとして生き残れるか』という内容ばかり。夫の状況について聞かれると、『知らない。考えたくない』と言う。あんなにラブラブだったのに、もう気持ちはないようです」(別の矢口の知人)
<週刊文春>

浮気がバレたら口止めし、離婚となれば自分の生き残りだけを心配し…。

もちろん、中村さんが所属するナベプロと矢口さんが所属するアップフロントは、夫婦間の格差とは真逆の力関係だといいますし、矢口さんに対するネガティブキャンペーンが盛大に行われている可能性はあります。

特に、いくら矢口さん、梅田さんがそれぞれあっけらかんと「バレちゃった~」なんて周囲に話していたとしても、この3人しかわからない状況をここまで細かく話せたのは…なんて考えると。

ですが、女性セブンでは「あわや警察沙汰の一歩手前だった」との報道もありますし、報道内容を割り引いても世間から同情される要素はなさそうです。

それにしても、次から次へと新たな事実が出てきますね。

世間では元カレどころか既婚ジャニタレとも不倫していたという噂も流れていますが、いったいどこまで明らかになるのか…

場合によっては、芸能界の歴史を揺るがす大事件に発展する可能性も高くなって来ました。

-芸能

Copyright© News Every , 2019 AllRights Reserved.