News Every

気になるニュースをお届け

ジャニーズ

手越祐也がNEWSのライブオーラスで号泣、「ドン底落ちた」発言にパーナは違和感

投稿日:

スポンサーリンク


ジャニーズの4人組グループ『NEWS』の全国ツアー「NEWS LIVE TOUR 2017 NEVERLAND」が11日に東京ドームで千秋楽を迎え、メンバーの手越祐也さん(29)が最後のあいさつで号泣していたことを各スポーツ紙などが報じているのですが、ネット上では批判的な声が殺到しています。

今回のツアーでは、メンバーが4人になってから過去最多の34万1,000人を動員(全9会場26公演)し、千秋楽では最新アルバム『NEVERLAND』収録曲を中心に、NEWSのライブ史上最多となる36曲を歌唱し、集まったファン5万5,000人を魅了していたといいます。

ラストには、4人組グループ『GReeeeN』が作詞・作曲を手掛けた楽曲『U R not alone』を歌唱し、アンコールで再び登場した手越祐也さんはフードをかぶって号泣しており、最後のあいさつでは「この数週間、珍しくかなりどん底に落ちていました。でも、いつもモチベーションは、みんなの笑顔です。いつまでもついてきてください。」と語り、最後にはマイクを通さずに「ありがとうござました!」と絶叫していました。

直接的には言及していないものの、ドン底に落ちた理由はLINEの一部内容がネット上に流出したことで女性関係が明らかになったほか、複数の友人らにコネチケットを配布していた疑惑が浮上したこと、福岡で昨年7月に起きた7.6億円相当の金塊窃盗事件の容疑者のフェイスブックから、プライベートで撮影したとみられる写真が発見されたこと、週刊誌『フラッシュ』や『週刊文春』によって女性スキャンダルを相次いで報じられたことだとみられます。

金塊窃盗事件の容疑者との写真については、ジャニーズ事務所が『朝日新聞』の取材に応じて「(容疑者と)面識はなかったが、本人も軽率だったと反省している」とし、本人にヒアリングしたところ、「お店でたまたま一緒になり、『一緒に撮って』と求められ、応じてしまった。軽率だった」「写真の人とは面識もないし、名前も知らない。その後の付き合いもない」と話していることを伝えていました。

また、手越祐也さん本人も5月27日に行われた全国ツアーの和歌山公演では、1人ステージに残ってファンに直接説明と謝罪をしており、コネチケットの存在を否定した上で、「みんなに変な形で伝わって、心配な気持ちにさせた」「ごめんね。申し訳ない」と謝罪。

金塊窃盗事件の容疑者との写真については、「話題になっている彼の顔も名前も初めて知りましたし、面識は一切ありません」「一切、俺は彼のことを知らないし、何もそういうつながりはないから、そこも安心してほしい」「軽率な気持ちで彼との写真を撮ってしまって、疑惑が生まれてしまった」と説明していました。

スポンサーリンク

このような騒動があり、「NEWS LIVE TOUR 2017 NEVERLAND」の千秋楽では号泣してしまったものとみられるのです。

一連の騒動については、全て普段の行いが悪いからこうなってしまったわけで、ドン底に落とされたのはむしろ、これまで手越祐也さんのことを一生懸命応援してきたファンたちの方なのではないかと思います。

金塊窃盗事件の容疑者との写真については、6年前の2011年に撮影されたものではあるのですが、ジャニーズ事務所はタレントたちに、ファンらに写真撮影やサインを求められても原則断るように指導しているそうです。

それにも関わらず撮影に応じ、ベロを出しながらピースまでしているわけですから、多くの批判が寄せられるのも当然かと思います。

また、女性スキャンダルについては今回が初めてではなく、AKB48兼NGT48の柏木由紀さんらAKB48グループとのスキャンダル、様々な一般女性との関係についても週刊誌に散々報じられており、これらも全て自業自得です。

唯一、同情できるのはLINEの流出の件だけですが、コネチケット疑惑については鵜呑みには出来ない説明を行っており、ネット上の反応を見る限りでは、今回の騒動で手越祐也さんのイメージはかなり悪化したと感じられます。

手越祐也さんは、これで全ての禊が済んだと思っているように感じられるのですが、世間は冷たい視線を向けており、これからさらに落ちることを覚悟しておいた方がいいかもしれないですね。

-ジャニーズ

Copyright© News Every , 2019 AllRights Reserved.