News Every

気になるニュースをお届け

芸能

インパルス堤下敦が睡眠薬服用後に運転で意識もうろう状態で発見

投稿日:

スポンサーリンク


お笑いコンビ『インパルス』の堤下敦さん(39)が、14日未明に「睡眠薬」を服用して運転し、「意識が朦朧(もうろう)とした状態」で発見されていたことが分かりました。

これは情報番組『ノンストップ!』(フジテレビ系 月~金曜午前9時50分)で速報されたもので、14日午前2時40分ごろに、東京都の多摩地域東部にある狛江市の路上にて、意識が朦朧とした状態で車内にいる堤下敦さんが発見されたといいます。

堤下敦さんは、「サウナに行って帰る途中だった」「睡眠薬を飲んで運転していた」と話しているといい、運転していた車には縁石に乗り上げたような傷があるそうです。

道路交通法第66条では、「過労、病気、薬物の影響その他の理由により正常な運転ができないおそれがある状態で車両等を運転してはならない。」と定めており、堤下敦さんは道路交通法違反の疑いがあるとのことです。

スポンサーリンク

お笑い芸人によるこうしたトラブルはここ最近相次いでおり、5月には堤下敦さんの後輩であるピン芸人・ガリガリガリクソン容疑者(本名=坂本祐介 31歳)が泥酔状態で車を運転した疑いで逮捕され、6月12日に道路交通法違反(酒気帯び運転)容疑で書類送検されています。

その他にも、『NON STYLE』の井上裕介さんがひき逃げ事故を起こすなどしていますが、堤下敦さんも自動車でのトラブルを起こすとは一体どうなっているのでしょうか…。

堤下敦さんは発見された時に睡眠薬を服用していたとのことですが、運転時になぜ睡眠薬を飲んだのか謎で、他にも何か出て来る可能性がありそうなので、しっかりと取り調べを行ってほしいものですね。

-芸能

Copyright© News Every , 2019 AllRights Reserved.