News Every

気になるニュースをお届け

ジャニーズ

元SMAP稲垣吾郎がラジオで「トライアングル」を流した意味 香取慎吾と草なぎ剛を加えた3人でユニット結成

投稿日:

スポンサーリンク


6月21日、稲垣吾郎くんが自身のラジオ番組「編集長 稲垣吾郎」でSMAPの「トライアングル」という曲を流したことが、ファンの間で「意味深だ」として話題になっています。なんでも、稲垣くんと草彅くん、香取くんの3人がユニットを組み、歌をリリースするというプランが現実になる可能性が出てきたというのですが…

個人的には「どうなの?」とは思いますけど、吾郎ちゃんが退所発表直後というタイミングで「トライアングル」を流したのは、ユニット結成の予兆を曲に託したという見方もあるようです。

[以下引用]
「まだまだユニット名の決定までは至っていませんが、草彅が作った曲を、香取も稲垣も評価しています。まあ落ち着いたバラード調になるとは思いますが、3人組でデビューする可能性は高いのではないでしょうか」(音楽関係者)

『トライアングル』はアイドルの歌としては珍しい反戦がテーマの歌だ。先代からの意志を受け継いでいこうという強い思いを表した歌であるため、“SMAPの火を絶やしてはいけない”と解釈したファンが多いという。

「ジャニーズ事務所を退所する3人は、元マネジャーのI氏が代表を務める会社に所属し、マネジメントは過去にジャニーズ事務所にいた人を集めて行うとみられています。かつてSMAPの面倒を見たスタッフたちの多くがジャニーズ事務所を辞めていますが、再び活躍の場ができることを喜んでいるのではないでしょうか」(芸能記者)

今後の具体的なスケジュールとしては、辞める3人とも8月までに現在の仕事を整理し、9月8日に契約が切れたら次のステップに入っていく予定だという。

「最近になって伝わってきているのが、I氏が3人をセットで中国や香港の映画業界に売り込んでいるという話です。これらのプロジェクトが実現し、主題歌なども担当して成功すれば、日本での仕事にこだわる意味はなくなります。いっそのこと中国に移住するかもしれません。中国の芸能界で成功したら、台湾やマレーシア、ベトナム、タイなどへの進出も考えられる。いまは音楽の流通があっという間に広がりますから。もしかしたら日本にいるよりも未来は開けるのでは」(同・記者)
[まいじつ]

スポンサーリンク


せっかくジャニーズという縛りから開放されたわけですから、今までできなかったことにどんどん挑戦していくのは素晴らしいと思います。

ネットには「中居くんとキムタクに成功を見せつけてやって」「田原俊彦のようにシブとく生き残れ」といったエールも目立ちますし、3人による作詞作曲で新曲を出したらかなり話題になるのでは?

正直、歌唱力についてはアレですけど、まあ、そこはオトナの魅力でカバーするということで。。

3人のジャニーズ退所が正式に発表されて以降、ジャニーズ関連のニュースはほとんどSMAP関連で埋め尽くされています。

しばらくはこの傾向が続くと思いますが、とりあえず早く3人の口から直接コメントを聞きたいところです。

恐らく、その時には今後の活動の方向性についても言及するでしょう。

果たして、噂されているように中国や香港に進出するのか、ネットドラマなどジャニーズの影響力が及ばない分野に活路を見出すのか、あるいは芸能界とは別の場所に活躍の場を求めるのか…

飯島さんのもとに辞めジャニ組の元マネージャーが集結しているのは本当らしいですから、そこはとても頼もしい限り。

3人には攻めの姿勢でどんどんチャレンジしていって欲しいです。

-ジャニーズ

Copyright© News Every , 2019 AllRights Reserved.