News Every

気になるニュースをお届け

ジャニーズ

千葉に“SMAP劇場”誕生か!中国資本のラオックスをバックに元SMAPの4人と赤西仁を使って中華マネー獲得を狙う飯島三智

更新日:

千葉に「SMAP劇場」が誕生するかもしれない―そんな噂があるようです。仕掛け人は、昨年末に中国系企業のラオックスが立ち上げた会社の代表取締役に就任した飯島三智さん。なんでも、最近は中国人の大物芸能プロモーターと急接近し、日本での事業展開を成功させるために精力的に活動しているといいます。

[以下引用]
「飯島氏が社長に就いた会社の役割は、日本の芸能コンテンツの海外発信事業と映画製作。日本にエンターテインメントの劇場を作り、そこへ中国人観光局を呼び込もうということです」(芸能関係者)

中国人が大挙して来日すれば、自ずと『ラオックス』の売り上げも伸びるという寸法。その計画は、着々と進んでいるようだ。

「『ラオックス』は昨年、中国不動産最大手の『緑地グループ』と組んで、千葉県千葉市の複合施設『千葉ポートスクエア』を買収している。成田空港から約40キロという立地条件から、当初は中国人の爆買い拠点にしようと考えていたのでしょう。ところがここへ来て、それら観光客の目的がショッピングから“嗜好”へと変わり始めた。そこで劇場を作り、日本のエンターテインメントを発信するのでは、と見られているのです。つまりは『SMAP劇場』を誕生させようとの目論見です」(夕刊紙記者)

スポンサーリンク

そこで『ラオッス』が目をつけたのが、'11年に北京で行われたSMAPのコンサートを通じて親しくなった飯島氏だった。

「それまで方々に当たって新事務所設立を画策し、失敗した飯島氏としては、中国人に根強い人気のSMAPの4人のメンバーと、元ジャニーズ事務所の赤西仁を出演させ、劇場を成功に導きたい。それには、中国人の大物芸能プロモーターA氏の協力がどうしても必要になってくる」(中国芸能界事情に詳しい記者)

A氏は音楽業界において中国のパイプ役と言われる人物で、しかも、中国最大のSNS『微博(ウェイボー)』の会長だという。

「『微博』は個人アカウント数で6億人以上、著名人や企業なども利用しており、影響力が非常に強い。しかし、飯島氏はSMAPの北京コンサートの際、“中国人にSMAPのコンサートのチケットは売らせない”と発言したことで、A氏に相当嫌われているとされる。飯島氏はそれが分かっていても、事業を成功させるためには頭を下げるしかないのです」(前同)
[週刊実話]

スポンサーリンク

SMAP劇場って、具体的に何をやるのかピンとこないんですけど。

中居くんら4人と赤西くんを主役にして、辞めジャニ組のJr.らをたくさん集めて舞台でもやるとか?

コンサート…って言っても、SMAPの楽曲は歌えないわけだし…

まあ、実話系のトバシだとは思いますが、現時点では中居くんらの処遇も明らかになってません。

あの飯島さんが何の策略もなしに動いているとは思えませんし、4月以降にどんなサプライズがあるのか楽しみです。

-ジャニーズ

Copyright© News Every , 2019 AllRights Reserved.