News Every

気になるニュースをお届け

芸能

NAOTO(バイオリン)はカレーが好きすぎて皿や調味料を売っていた

更新日:

ドラマ「のだめカンタービレ」などで吹き替え演奏や楽曲提供、ゲスト出演などして注目を集めたヴァイオリニストのNAOTO。

バイオリニストの顔だけではなく無類のカレー好きという側面も持ち合わせていてカレーに関する物品を独自に売るほどです。

今回はそんなNAOTOについてとNAOTOのカレーへの愛について見てみましょう。

NAOTOについて

名前:NAOTO(なおと)
本名:高橋直之(たかはし なおと)
生年月日:1973年8月15日
出身:大阪府高槻市

NAOTOは東京藝術大学附属音楽高校、同大学音楽学部器楽科とずっとクラシック畑で育って来ました。

しかし幼少期には音楽番組「ベストテン」などを見て育ってきたためにJ-POPが普通に好きだったという。

そしてクラシックだと全楽章を通して総合的な判断で評価するという芸術であるため拍手を貰えるまでが長い。

しかしあるときにザ・イエローモンキーのコンサートでNAOTOはセカンドバイオリンとして演奏していた時にファーストバイオリンがソロをする時にマイクのトラブルで音が出ないというアクシデントが。

そのため急遽NAOTOが代わりにバイオリンのソロを弾いたらその瞬間に会場が沸いて感情に素直なジャンルで素敵だと心を掴まれたという。

そうしてNAOTOは「ぽっぱぁ」と名乗って活動をします。理由としてはロックを演る人はロッカー

ピアニストやヴァイオリニストという呼び方はあるもののポップスを演る人の呼び方がないためNAOTOなりに考えた結果です。

NAOTOのライブは本当に従来のバイオリンというイメージが覆される感じがします。

スポンサーリンク

NAOTOはブリッジをしながら演奏する

NAOTOはブリッジしながら演奏することもありますがそのきっかけはずっとライブサポートをしてきたポルノグラフィティのライブ。

アドリブでソロ回しをする曲の時にネタとして面白い事をするにも限りがありNAOTOは曲芸的に寝ながら演奏をします。

しかし寝っ転がった瞬間にカメラマンがNAOTOを見失ったことに気づきあわてて首で体を起こして頭でブリッジ。

会場にオオウケしたためポルノグラフィティのギター、晴一に次からあれね、と言われてブリッジで演奏するように。

スポンサーリンク

NAOTOのカレー好きは筋金入り

バイオリニスト(ぽっぱぁ)であるNAOTOですが実はカレー好きというもう一つの側面があります。

日本スープカレー協会理事でカレーマイスターの資格取得をするほど。

実際にNAOTOのツイッターのヘッター画像はカレー。インスタ画像に至っては1/3~1/4はカレーの画像です。

そして食べることだけで飽き足らずNAOTOがスパイスを調合して監修した混合スパイス「ガラムマサラ」を発売もしています。

他にも同じショップでNAOTOが完全監修した「カレー皿+先割れスプーン」なども発売。NAOTOは一体どこに向かっているのか。

NAOTOはクリスマスプレゼントにカレー皿などをもらって本気で喜んでいます。

おわりに

カレーが好きだといってもNAOTOのように資格をとったり理事になったりするまで行く人は少ないですよね。

そう考えるとNAOTOのカレー好きは本物なんだなぁと思ってしまいます。

-芸能

Copyright© News Every , 2019 AllRights Reserved.