News Every

気になるニュースをお届け

芸能

渡瀬恒彦が胆のうがんでなくなっていた。降板してから現在までの心境は

更新日:

胆のうがんで9係を降板し現在まで闘病中であった渡瀬恒彦がなくなっていたことが2017年3月15日に発覚しました。

今回は渡瀬恒彦の胆のうがんの発覚と降板してから現在までについて見てみましょう。

渡瀬恒彦の胆のうがんの発覚について

渡瀬恒彦は2015年夏ごろから秋にかけて体調不良を訴えて検査の結果胆のうがんであることが発覚。

そうして渡瀬恒彦はおよそ5ヶ月間は仕事を入れずに抗がん剤治療と放射線治療に専念。2015年12月には「おみやさん」の撮影に復帰をして治療を続けながら仕事をしていました。

そして渡瀬恒彦は胆のうがんであることを
2016年5月に発表し、これからも仕事と治療を続けていくとしていました。

しかし2016年7月上旬の撮影中に渡瀬恒彦の体調が悪化して『西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ』の十津川警部役を降板してしまいます。

1992年から23年間もの間演じてきたドラマですので降板するということでよほど胆のうがんが悪化したのかと言われていました。

スポンサーリンク

渡瀬恒彦の語った心境

渡瀬恒彦は胆のうがんという大病を患ったことでいろいろなものが変わったと心境を吐露しています。

まずは嫁・い保さんと何故一緒になったのか、ということがわかったという。

2016年7月の『おみやさんSP2』では渡瀬恒彦が撮影中に体調を崩すとすぐに嫁が駆けつけて寄り添っていたそうですし。

2017年1月時点では渡瀬恒彦の胆のうがんは小康状態であり、2016年1末からスペシャルドラマ「そして誰もいなくなった」を撮影するほどでした。

そして2017年2月には『警視庁捜査一課9係』の2017年4月から放送される12シーズンを発表し9係は降板したくなく、体調を整えているとして現在はもう快復に向かっているともされていました。

しかしその一方で、2017年2月には今もがんで体調は良くないものの現状維持と言ってはいるものの9係シリーズを、生きていればライフワークにしたいと語ってもいました。

渡瀬恒彦にしては弱気な言葉だったので
実はかなり胆のうがんの病状は悪化していたのかもしれません。

スポンサーリンク

おわりに

渡瀬恒彦は2017年3月2日にはドラマ「そして誰もいなくなった」の制作発表会見びコメント寄せていました。

そのように表舞台には出なかったものの
スケジュールの都合で会見を欠席としていたので胆のうがんと闘ってはいるものの
良い方向に向かっていると思っていたのですが

-芸能

Copyright© News Every , 2019 AllRights Reserved.