News Every

気になるニュースをお届け

芸能

新垣結衣が干される!『逃げ恥』大ヒットで引く手あまたのはずが、逆に敬遠される事態に

更新日:

昨年出演した『逃げるは恥だが役に立つ』の大ヒットで再ブレークした新垣結衣さん。芸能界は縁起を担ぐというか、当たると見ればわーっとオファーが集まり出ずっぱりになりそうなものなのに、新垣さんに関しては起用に二の足を踏み干されそうな勢いなんだとか。

[以下引用]
「確かに『逃げ恥』効果は絶大で、新垣が2008年に出演し、10年に第2期も放送されたドラマ『コード・ブルー‐ドクターヘリ緊急救命‐』(フジテレビ系)が、今年7月の“月9”枠で実に7年ぶりに最新作が放送されることになりました。当初はこの調子で、新垣出演のドラマが増えていくと思われましたが、各局プロデューサーは現在、秋以降のドラマに新垣をキャスティングすることに難色を示しているんです」(芸能プロ関係者)

その理由は、新垣の所属事務所・レプロエンタテインメントがトラブルを連発しているためだという。

「レプロはこれまで、“のん”こと能年玲奈の独立問題が報じられたほか、つい最近も清水富美加の出家騒動が勃発。特に清水は、主演映画の撮影途中で芸能界引退を強行したため、各方面に甚大な被害を及ぼしました」(同)

もし新垣がドラマに出演しているさなか、能年や清水のようなトラブルが表面化してしまうと、プロデューサーは編成側から「なぜレプロの女優を起用した」と、責められる事態になるという。

「新垣は、いまや20代女優の中ではトップクラスであるといって過言ではありません。普通ならば、各局からオファーが殺到する身分なのですが、プロデューサー的には、『万一のことを考えると安易にオファーを出せない』と苦々しい決断を強いられているようです」(同)
[サイゾーウーマン]

昨年末の段階で、2017年7月クール月9は山下智久さんの『コード・ブルー』が噂されていましたから、『コード・ブルー』のオファーは『逃げ恥』の大ヒットを見たフジが急いで行ったということなんでしょうね。

スポンサーリンク

主演の山下さんを含め、新垣結衣さん、戸田恵梨香さん、比嘉愛未さん、浅利陽介さんという5人のスケジュールを合わせるには、『逃げ恥』がヒットする前から調整を始めていたかもしれません

その後、年が明けて2月頭に清水富美加さんの騒動が持ち上がり、他局は様子見をするしかなくなったということなのかも。

ただまあ、出てくれる俳優が少なくなっているというフジですから、もしも清水さんの騒動でレプロの評判が下がったあとだったとしてもオファーしただろうなとは思います。

スポンサーリンク

すっかりブラック企業のイメージがついた上に、多大な被害を出してしまったレプロは、こんな状況でも開店休業、というわけにもいかず、新垣さんにすがるしかないそうで。

[以下引用]
「新垣以降の若手女優として育てていたはずの能年、そして清水が事務所を去ってしまったので、結局今後も新垣に頼らざるを得ません。しかし、各局が起用に勇み足となっている状況だけに、いよいよレプロも本格的に追い詰められてしまったわけです」(テレビ局関係者)
[サイゾーウーマン]

事務所としては厳しいでしょうが、来るべきときが来たということなのかもしれません。

スポンサーリンク

『あまちゃん』でブレイクした能年さんを大事に育てていればよかったのに。

月給5万円も、その他エステ代や住居費、食事が事務所負担とかそういうものだけでなく、実際自分が朝から晩まで寝る間も惜しんで働いた結果としてそれなりに納得のいく金額にしていればまだ良かったかも、とか、いろいろ反省して企業体質を変えないと状況は変わらず、またいつ同じことを繰り返すかわかりません。

実際レプロには幸福の科学信者がまだいるということですから。

-芸能

Copyright© News Every , 2020 AllRights Reserved.