News Every

気になるニュースをお届け

ジャニーズ

やはりプロ彼女だった!熱愛交際を報じられた武田舞香が中居正広にとって結婚&ジャニーズ独立のキーマンになる可能性も

更新日:

振付師兼ダンサーの武田舞香さんとの熱愛が報じられた中居正広くん。ジャニーズ御用達の女性セブンが「6年間に渡る半同棲生活」と第一報を報じ、事務所もスルーせずにわざわざ「ノーコメントです」と発表して実質的に「認めた」ことから、各メディアでは「結婚の可能性もある」との論調で後追い報道を開始。しかし、その裏には中居くんの独立問題を含めた“裏事情”が隠されているようです。

また、アンチジャニーズとして知られる週刊女性は、「半同棲は名目で、実際は都合のいい女に過ぎなかった」と報じています。

発覚当初の「「あめでとう!」「結婚できたらいいね」という祝福ムードから、少しずつ風向きが変わりつつあるようにも感じます。

スポンサーリンク

[以下引用]
「倖田來未と交際していたことのある中居は、自己主張の強い芸能人はもう懲り懲りなんです。一方、武田は裏方のスタッフ。私生活でも中居の自宅高級マンションの近くに住んで、甲斐甲斐しく通って料理を作るなどの世話を焼いている。“女性とずっと一緒にいるのは無理”と公言している中居にとって、居心地がいいんでしょう」(芸能事務所幹部)

交際期間は6年ということで、このままゴールインかというとそうでもない。陰に見え隠れするのは、2015年5月に本誌が報じた、フジテレビの竹内友佳アナの存在だ。当時、中居は彼女を亡父・正志さんに紹介するほど深い仲だった。

「中居はかつて下平さやかアナや中野美奈子アナと噂になったように、生粋の女子アナ好き。武田のことは寝耳に水でしたが、竹内は中居の親しい取り巻きにも認められていますし、別れたとは聞いていません。中居は熱愛が大々的に報じられると、急に冷めてしまうというのがこれまでのパターン。武田も例外ではないかもしれませんよ」(民放テレビ局スタッフ)
[週刊現代]

こちらは「フライデー」と同じ講談社が発行元の「週刊現代」の記事ですが、なんとなく「オレたちは武田との熱愛報道に納得できない」という思いが感じられます。

スポンサーリンク

女性セブンによると、中居くんが武田さんをお父さんに紹介したことになっていました。

これ、いったいどういうことなんでしょう?

週刊現代が竹内アナと武田さんを「間違えた」のか、それとも女性セブンがわざと二人を「すり替えた」のか…

個人的には、なんとなく後者のように感じてしまいます。

そうなると竹内アナとは二股交際していたことになりますが、そもそも“プロ彼女”というか“契約妻”みたいな形であったのなら、浮気という形にはならないとか…?

ま、お金持ちの芸能人、しかもあの中居くんが考えることは、一般人の理解を超えているのかもしれません。

スポンサーリンク

ところで、そんな武田さんについては、彼女というよりも「中居組の参謀的存在なのでは?」という見方もあるようです。

[以下引用]
「武田はSNSアカウントを一切持たず、プライベートを明かしていません。最近のジャニーズタレントの熱愛スキャンダルは、女性サイドのSNSでの“匂わせ”が原因になっています。こうした素振りを一切見せないガードの固さに、武田を“プロ彼女”と評する声もあります。武田に対するバッシングがあまりないのは、このように叩く要素がないためだとも言われています」(芸能関係者)

ネット上においても「かなりしっかりしてるし、賢いと思う」「中居君もこういうところに惚れたのかもしれない」「他のジャニーズの“匂わせ女”たちよりも全然好印象」というコメントが多く、武田に対する評価は良好のようだ。さらに、中居を陰からサポートしてきた武田を、こう評価する関係者もいる。

「武田が中居の意思決定におけるキーマンとなっていた可能性もあるかもしれません。昨年のSMAP騒動では、木村拓哉のジャニーズ残留の決め手には妻の工藤静香の存在が話題になりました。同様に中居のバックには、武田の支えがあったとも言われています」(芸能記者)

事務所からの独立や、個人事務所の設立などが囁かれる中居だが、こうした背景には武田の的確なサポートも大きく影響しているのかもしれない。
[デイリーニュースオンライン]

いずれにせよ、武田さんとの親密な関係をジャニーズが暗黙のうちに「認めた」ことは事実でしょう。

これまで、業界で“タブー”とされてきた武田さんとの関係が明るみに出たことは、二人の関係がどうなるか以上に、中居くんのジャニーズ独立問題が動き出す前兆のようにも感じられます。

-ジャニーズ

Copyright© News Every , 2019 AllRights Reserved.