News Every

気になるニュースをお届け

芸能

夜は短し歩けよ乙女(アニメ映画)聖地巡礼や原作との違いは?

投稿日:

『夜は短し歩けよ乙女』といえば、森見登美彦さん原作の小説で、2017年4月にアニメ映画化が決定され話題です。

原作小説の人気ぶりはすごく、数々の文学賞の候補にあがったりノミネートされたりしています。

なんと、2016年12月の段階では累計で120万部も売り上げたベストセラーです。

これはアニメもヒットすること間違いなしですね。

そこで今回は『夜は短し歩けよ乙女』キャストや聖地巡礼の情報や、原作との違いについてまとめていきます。

気になるのはヒロインの『黒髪の乙女』のキャストですよね。

予告編ではすでに声の出演もしているので、そちらもチェックしていきましょう。

スポンサーリンク

夜は短し歩けよ乙女のキャストやまとめ

以前からずっと、ドラマ化や映画化、アニメ化が期待され続けていた本作なだけあって、キャストや制作スタッフが誰なのか非常に気になりますよね。

まだすべてのキャストが発表されているわけではないですが、発表され次第随時更新していきます。

まず主演の先輩役は、星野 源さんです。

最近ではドラマ逃げ恥で話題ですよね。歌に役者に執筆にさらに今回は声優と、本当にマルチな活躍です。

過去のアニメ出演作品としては、『聖☆おにいさん』のブッダ役を担当しています。

そして何よりも気になるのが、『黒髪の乙女』のキャストを誰が担当するかですよね。

黒髪の乙女の声優は花澤香菜さんだそうです。

かわいらしいキャラクターにぴったりです。

そのほかのキャストはこちら

学園祭事務局長・・・神谷浩史

パンツ総番長・・・秋山竜次(ロバート)

樋口師匠・・・中井和哉

羽貫さん・・・甲斐田裕子

古本市の神様・・・吉野裕行

紀子さん・・・新妻聖子

ニセ城ヶ崎・・・諏訪部順一

プリンセスダルマ・・・悠木碧

ジョニー・・・檜山修之

東堂さん・・・山路和弘

李白・・・麦人

ちなみに予告編では、『黒髪の乙女』らしき女性の声を聴くことができます。

スポンサーリンク

聖地巡礼スポットを紹介。

アニメといえば最近話題なのは、聖地巡礼ですよね。

『君の名は』でも東京のいたるところで聖地巡礼としてファンが歩きまわっている姿がニュースなどでも取り上げられました。

『夜は短し歩けよ乙女』の舞台は原作者の森見登美彦さんが通っていた京都大学を中心に、舞台のほとんどが京都に設定されています。

もちろん実際の地名も出てくるので、今のうちに聖地を先取りしておきましょう。

スポンサーリンク

まずは、原作の森見登美彦さんの出身大学でもある京都大学。
作中では黒髪の乙女が学際に訪れます。

続いて、黒髪の乙女が訪れた「めくるめく大人世界」先斗町。

そして黒髪の乙女が入った『月面歩行』

実在の店名は『bar moon walk 木屋町店』だそうです。

京都には数店舗あるようなのですが、ここの店はファンのために『電気ブラン』を用意してくれるとか。

森見作品で何度も出てくる下鴨神社です。『夜は短し』では古本市が開かれていますね。

そして進々堂 京大北門前。

ここは作品の最後で、先輩と黒髪の乙女が初めてデートをする場所です。

ここまで実在の場所を出してくれると、映画を見ているときに楽しめますよね。

ぜひ聖地巡礼してみてください。

スポンサーリンク

原作小説とアニメ映画の内容の違いは

小説一冊を映画2時間にまとめるとなると、やはり細部に若干の違いや、描ききれない部分も出てくるかと思います。

こちらは映画が公開され次第随時更新していきます。

監督の湯浅政明さんは。前作の『四畳半神話大系』でも森見登美彦ワールドを崩さず見事な作品に仕上げてくれていたので、今回も大きく外れるようなことはないでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回は『夜は短し歩けよ乙女』のキャストや聖地巡礼、されには原作との違いについても触れてきましたがいかがでしたでしょうか?
黒髪の乙女のキャストがなによりも気になるところなので、発表され次第更新していきます。

森見登美彦作品は、四畳半神話大系や、有頂天家族など、次々とアニメ化してどれもヒットしています。

アニメ映画になるのは今回が初ですが、湯浅政明さんなら間違いなく面白い作品に仕上げてくれることでしょう。

映画公開は2017年の4月ですのでお忘れなく。

-芸能

Copyright© News Every , 2019 AllRights Reserved.